記事の詳細

複数のヤミ金業者からの借入が膨らんでいた製造業。

売り上げの減少に伴いヤミ金への支払い負担が拡大しご相談に。 もちろんリスケは済んでおり、その上で資金繰り不良を起こしてのご相談であった。

ヤミ金については提携弁護士に一任し、未払い賃金の問題解決と入金サイトの短縮に注力。また即座にオリジナル商品の企画を立て、在庫をもてないため受注生産として販売を開始。

結果として幾人かの従業員は失ったが縮小均衡は達成。

金融機関への返済も少しずつスタート。自社商品の粗利益率が高いため、この商品の受託増の際には再就職できていない元従業員をアルバイトとして呼び寄せるなどして再起した。

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る