記事の詳細

年商3億円の製造小売業。

2店舗で販売を行っていたが、共に賃料の支払いが困難になり、既に立ち退きの通知書が来ている状態であった。

また営業赤字額も大きく、賃料を払いながらの営業継続は困難と考え、店舗については閉鎖、しかしながら小売はwebサイトで継続することとし、卸事業を拡大することとした。

結果として売り上げは確かに縮小したが、固定費負担が大幅に減少したため利益体質となり、金融機関への返済も再開できるようになった。

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る